電話占いに寄せられるのはどんな相談が多い?

電話ならお互いの顔を見ないで占ってもらえます。
しかも、占いのジャンルは多様化され利用者は自分の好きな方法の占いを選べます。

占ってもらうのは悩みがあるから

悩みといっても恋愛と仕事が大半です。
それに二つを比べたら恋愛の方が圧倒的に多いです。

 

しかも、恋愛も仕事も細かく内容を区切ることができます。

 

それに占いも悩みに見合った方法が望ましいです。
大体、占いの結果通りに悩みが解決するわけではありません。
占いはあくまでも、悩みを解決するためのサポートでしかありません。

 

例えば、占いの結果、相手と別れた方がいいと言われたとします。
だけど、どうしても別れられなくて一緒にいることを選びました。

 

その結果、相談者は別に不幸な結末にはなりませんでした。

 

この場合、占いの結果は当たらなかったと言えます。
ただし、そうならないために占い師から適切なアドバイスを得ていたはずです。

 

要するに占いの結果によって未来を変えることができるということです。

 

何も占いの結果そのものが未来ではないわけです。

 

悩みも同じです。

 

それに占いは人によって解釈が違うからです。
なので、占いの結果通りに動くは相談者の意志にかかってきます。

電話占いで一番多い恋愛について調べてみた

恋愛の悩みは多岐に渡っています。
内容によっては身近の人の仲介ではこじれる可能性があります。

 

多いのはやはり、復縁でしょう。

 

別れたけど、後悔して再び一緒になりたい。
別れた相手が復縁を迫ってくる。

 

どちらも深刻な問題です。
前者の場合、別れた相手の同意が必要です。

 

後者の場合は相手の迷惑です。
大体、しつこく迫ってこられたら相手にとっては恐怖の対象となる場合があります。
さらに、周囲を巻き込んでさらなるトラブルに進展する可能性も出てきます。

 

だからこそ、どちらとも客観的に見ることができる立場が必要です。
それが電話占いに相談する理由になります。

 

その次に多いのが不倫でしょう。
不倫の場合、した人とされた人に分かれます。
どちらも悩みは存在します。

 

当事者同士で解決できるモノとそうでないモノがあります。

 

だから、電話占いを利用する人が増えるのでしょう。

 

恋愛のトラブルは復縁や不倫だけではありません。
ただ、上記の二件が圧倒的に多いというだけです。

 

それにこの二件はうかつに対処すれば問題がこじれていく可能性も出てきます。
そうならないために占いなどに助言を求めるのでしょう。

最後に

電話占いに寄せられる悩みは多く存在します。

 

ここで一番大切なのはどんな悩みであれ、正直に打ちあけることが大切です。

 

どんな悩みでも打ち明けてくれなくては相談にのることはできません。